So-net無料ブログ作成
検索選択

親友 [小さなお話]

何で教えてくれなかったのかって?
親友だろってか?

君のそういうとこが嫌なんだ
僕が君に何でも話すなんて
思わないで欲しい

君は、僕のことなら
何でも知っていると
思ってるけど
何にもわかっちゃいない

だって。。。
実は、僕は前から
君が大嫌いなんだ

えっ、どれほど嫌いかって?

そうだなぁ
今すぐ、隕石が君の頭に落ちてきて
死んでくれないかなぁと思うくらい

。。。かな

おいおい
ちゃんと聞いてるか?
こんなこと言いたくて
言ってるわけじゃないんだ
君が聞きたがったんだろ
居眠りなんかするなよ

。。。っで

この際だから、言っておくけど
君は僕のことを
占い師だって思ってるよね
でも、僕は占いなんかできない
ちょっと特殊な能力があるだけなんだ

言ったことが現実になるって能力さ
まぁ、10回言ったうちの
1回か2回くらいのもんだけどね


……。

だから、寝るなって言ってるだろ

あれ?
寝てるんじゃないのか?

おぃ…

あっ、死んでる

そっか、隕石に当たったのか…

ほらほら、言わんこっちゃない
君がいらんことを聞くから
本当になっちゃったじゃないか…

apple300.jpg

にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。