So-net無料ブログ作成

140字の落書き [詩]

ツイッターに書きとめた。。。心の断片

ちょっと疲れてるのかなぁ。。。
弱気な落書き。。。してるなぁ

MB900355075.JPG

いつまで夢を見るのだろう
どこまで夢を追うのだろう
思うようには動かないものだね
心も身体も
ずいぶん長く生きてきたから
人生のベテランパイロットのはずなのに
ずっと異常警報音が鳴りっぱなし
墜落寸前でフラフラ飛び続けているよ
鳴り響く警報音に埋もれながら
自分の操縦は今も危うい
   (2013年5月5日の落書き)

MB900355075.JPG

私に何が出来るだろう?
なんてくだらないことをぐだぐだと一日中考えていた。。。
その間に、風は空をキャンバスに、雲ででっかい絵を描き
夕日はその絵をオレンジ色に染めぬいた。
風も太陽も動いている。
そっか!
動かなければ始まらないんだね。
考えてるだけじゃ何も変わらないものね。
   (2013年9月17日の落書き)

MB900355075.JPG

どれも推測
本当のことなど、誰もわからない
明日どうなるかなんて知る術もない
だから、推測
所詮、推測
そんなもので、たじろぐなよ
一寸先が断崖絶壁だろうがなんだろうが
先に進むしかないんだよ
それが時の流れってやつさ
未来は望まなくても
生きてる限り、向こうから勝手にやってくる
   (2013年9月18日の落書き)

MB900355075.JPG

手の届きそうな場所に見えているのは
手の届くはずのない夢
あんなに近くに見えるけど
決して辿りつけはしない
私はもう知っている
あれは私でない誰かの現実
眺めることは出来ても
辿りつく事はないんだと
でも、あまりに近くに見えるから
もしかしたらと
愚かな期待を捨てられずにいる
   (2013年9月22日の落書き)


touka.png

にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。