So-net無料ブログ作成

思い出の保存方法 [エッセイ]

ラジオから、懐かしい曲が流れている。。。
これは、レッドヅェッペリンの。。。
「天国への階段」

この曲は。。。
私にとって大切な思い出の曲だ

今も忘れずに
この胸の中にしまってある
まだ10代だった私の
幼く。。。真っ直ぐな。。。
そんな恋の記憶。。。

今日は、そんな。。。
恋の話をしよう


高校1年生の頃
私は、二つ年上の先輩に憧れを抱いていた

学生の頃は
たった一つや二つの年の差でも
大きな違いを感じるものである

高校一年の私にとって
三年生というのは。。。
少し、大人に思えたのかもしれない

同じ軽音楽部に所属していたものの
いつもギターを掻き鳴らす彼を
黙って見ている
ただ、それだけだった

ろくに言葉を交わすこともないまま
一年が過ぎ、彼は卒業

もう会えない

そう思ったとき。。。
何かしなくちゃっと私は思った
このままじゃあまりに。。。
空っぽの恋

振られた記憶すら残らないなんて
切なすぎた

せめて。。。この想いを
形に残そう

そう考えた私は
彼に。。。サインをもらうことを決めた

なぜ。。。サインなのか
あの時の思考回路は
今となっては理解し難いが
とにかく。。。
それはとても素敵なアイディアに思えた

早速。。。
近くの文房具屋に行く
サイン帳というものが
その文房具屋に売っていたのだが
万年金欠病の私には
厳しい金額だった

だいたい。。。
たった一人のサインをもらうのに
何頁もあるサイン帳は必要なのか

こう考えるところは
へんに。。。現実的だった。。。かも(笑)

まぁ。。。そんなことを思いながら
何かないかと辺りを見廻す

目に入ったのは
サイン色紙

これなら。。。安いし
よし。。。これにしよっと

私はそう決めた

サイン色紙を購入して
彼の家へ向かう


急に訪ねていったので
彼は、ひどく驚いていた

あまり、話もしたことのない
高校の後輩だったし。。。

さらに
「サインをいただけますか?」
と色紙を差し出されるという
ほとんどありえない展開

さぞや。。。迷惑だっただろう

今なら、そう思う

でも、あの時

口から飛び出そうな心臓を
体内に収めておくことに専念していた私は

彼の迷惑など微塵も。。。
考えずにいたんだ

それでも、彼は

「いいよ。」

と笑って。。。
快くサインをしてくれる

気味悪がられても仕方がないのに
なんたる優しさ。。。


彼は優しく接してくれたのに

私ときたら
そのあとは。。。もう何も言えず
まるで、そこから逃げ出すように。。。
走って家まで帰ってきてしまった

実に。。。失礼な話だ

ありがとうくらい
言えなかったのか。。。と
後になって、死ぬほど後悔したのは
言うまでもない

とにかく。。。
家に帰りつき
改めて色紙をよく見てみると
そこには。。。

彼の名前となぜか。。。

彼の好きなヅェッペリンの
「天国への階段」という曲名が書かれていた

私がサイン色紙など差し出したものだから
たぶん。。。自分の名前だけでは
余白が多過ぎるし
かといって
あまり、話したことのない後輩に
メッセージなど書けるほど
器用でもなかったのだと思う

彼なりに困って
それで。。。曲名。。。

( *´pq`)クスッ

彼も。。。もちろん私も
まだ。。。幼かったんだなぁ

その夜。。。
私はその色紙を見ながら
「天国への階段」を繰り返し聴いた

その日の自分の勇気にびっくりしながら
そして、消えたくなるほどの恥ずかしさに浸りながら

あれから。。。
ウン十年。。。

今でも「天国への階段」を聴くと
あの時の一途な自分の想いと
例えようのない恥ずかしさが蘇る

あははっ。。。(汗)

思い出し笑いなどする私に

「どうしたの?」

夫が聞いてくる

それはちょっと。。。
答えられないな

だって、これは。。。
私の大切な思い出だもん


ごめんね。。。



まぁ、それにしても。。。


あの色紙を書いてくれた優しい彼と



今、私の隣で一緒にラジオから流れる
レッドヅェッペリンを聴いている人が

同一人物であることは
少し。。。不思議な気がする

夫にはあの時のことは
恐ろしくて聞けない。。。

何を言われるか。。。

わかったもんじゃない。。。

思い出は思い出として
私の心の中だけにしまっておこう。。。

うんうん。。。

たぶんそれが。。。一番素敵な
思い出の保存方法だろうから。。。


にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



nice!(4)  コメント(12)  トラックバック(1) 
共通テーマ:

nice! 4

コメント 12

sinon

きゃぁ~~♡ 素敵っ!ステキッ!すてきすぎる~~
いつも感じていましたけど・・
本当に素敵なご夫婦ですね^^

あの時なぜ「天国への階段」と書いたのか知りたいけど
思い出にと仕舞ったりこさんの保存方法に
つつつっと目が潤みました*_ _)

最近・・・りこさんの才能がどんどん開花されていて
ドキドキしています わたし(〃'∇'〃)ゝ
by sinon (2012-02-16 23:52) 

haru

えぇ~!!ご、ご主人でしたか。。。
凄い!まるでテレビドラマみたいです。それとも青春映画かな?
初恋が実るまでの過程もできれば知りたいナァ!(・∀・)ニヤニヤ
高校生の可愛らしいりこさんの姿が浮かぶようです。
ロマンスですね!ウラヤマシーです。(笑)
by haru (2012-02-17 08:37) 

リンさん

ええ~!なになに(@@)
高校時代の憧れの人と結婚したの?
じゃあ、その色紙がきっかけなんですよね。
すごくいい話ですね。
小さな、精いっぱいの勇気が、こんな素敵な愛になったんですね。
by リンさん (2012-02-17 19:31) 

海野久実

これがもし創作なら、サイン色紙はもっと素敵なアイテムに変わる事でしょうね。
そして、思いっきり悲しい別れの後に、再会、結婚と言う風にお話が進むか、再会はなく、面影の似ている人と結婚して、ある日ふと思い出し笑いをする…
なんてところでしょうか?

サイン色紙なんて選択が微妙で面白く、それがまた現実的ですよね。
しかしまさかその人が今のご主人とは。
小説なんかよりドラマチックです。
by 海野久実 (2012-02-17 21:28) 

かよ湖

え~~~~~!
こんなに素敵な着地点が現実にあるなんて!すご~~~い!
結婚式の写真の裏に、サイン色紙をそっとしのばせていたりするのかしら?
今も一緒にラジオを聴いているなんて、ラブラブですね。羨ましい。
by かよ湖 (2012-02-18 00:39) 

もぐら

すごい!なんてロマンティック!
りこさんのお話ながらニマリッとしてしまいます。
ウチとはすごい違い・・・(ーー;)
幸せオーラを感じます。
うらやますぅ~い。
by もぐら (2012-02-19 12:32) 

春待ち りこ

> sinonさん
読んでくださって、ありがとうございます。

「天国への階段」と書いたのは
おそらく。。。
他に書く事が思い浮かばなかったからかと。。。(笑)
こんな他愛の無い思い出
今は、懐かしく
思い出すとフフフッと笑ってしまうような
心のホカロンに変わりました。
こんなふうに、人間は。。。
思い出に包まれて歳を重ねて行くんですよね
イイことも。。。悪いことも
たくさん心に詰め込んで。。。今の私ができてます。
なぁんて。。。
私たち夫婦。。。素敵かなぁ???

そこんとこは、疑問符ではありますが(汗)
by 春待ち りこ (2012-02-19 23:36) 

春待ち りこ

>haruさん
ロマンス。。。
う~ん。。。この頃は本当に、初々しかった(笑)
でも、これから。。。紆余曲折。。。
本当にいろんなことがあって
素敵とはかけ離れているエピソードが満載!!!
最初と最後を繋げるとちょっといい話なんですけど。。。

でも、このことだけは言えます。。。
私は、あきらめの悪い性格ですね。あはははは。。。
by 春待ち りこ (2012-02-19 23:43) 

春待ち りこ

>リンさん
そうなんですよ。。。
高校の先輩なんです。。。
だから、だんな様の古い友人は
みんな、私の高校の先輩なので
お会いするたびに。。。緊張で。。。アセアセ(; ̄ー ̄)
もちろん、未だに敬語を使いまくり。(笑)
精一杯の勇気。。。たしかにそうでしたね。

現実とは別なところ?で
今の私にとって、大切な思い出です。( *´pq`)クスッ
by 春待ち りこ (2012-02-19 23:49) 

春待ち りこ

>海野久実さん
ふふふっ。。。小説だったら、サイン色紙はないですよね。(笑)
今思うと。。。
私もなんで、サイン色紙にサインをしてもらおうと思ったのか。。。(?_?)
まぁ。。。若気の至り。。。かな。

現実は小説より奇なり。。。

世の中、何が起こるかわかりません。(笑)
by 春待ち りこ (2012-02-19 23:58) 

春待ち りこ

>かよ湖さん
長い片想いをしてました。。。
なんと。。。15年。。。
その初めの頃と現在を繋ぐと
こんなエッセイになりました。

途中もいろいろありすぎて
素敵!!!ではないんですが(汗)

でも、仲は良いかもしれません。。。
あれ?惚気けちゃってます???

スミマセン。。。(。-_-。)ポッ
by 春待ち りこ (2012-02-20 00:04) 

春待ち りこ

>もぐらさん
たぶん。。。今現在。。。
もぐらさんのオタクと変わりませんよ。
結婚生活というのは、恐ろしいもんです。あははっ

思い出は。。。思い出。。。
別なところにしまっておく

これって、結構大切かも。。。( *´pq`)クスッ


by 春待ち りこ (2012-02-20 00:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。