So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

親友 [小さなお話]

何で教えてくれなかったのかって?
親友だろってか?

君のそういうとこが嫌なんだ
僕が君に何でも話すなんて
思わないで欲しい

君は、僕のことなら
何でも知っていると
思ってるけど
何にもわかっちゃいない

だって。。。
実は、僕は前から
君が大嫌いなんだ

えっ、どれほど嫌いかって?

そうだなぁ
今すぐ、隕石が君の頭に落ちてきて
死んでくれないかなぁと思うくらい

。。。かな

おいおい
ちゃんと聞いてるか?
こんなこと言いたくて
言ってるわけじゃないんだ
君が聞きたがったんだろ
居眠りなんかするなよ

。。。っで

この際だから、言っておくけど
君は僕のことを
占い師だって思ってるよね
でも、僕は占いなんかできない
ちょっと特殊な能力があるだけなんだ

言ったことが現実になるって能力さ
まぁ、10回言ったうちの
1回か2回くらいのもんだけどね


……。

だから、寝るなって言ってるだろ

あれ?
寝てるんじゃないのか?

おぃ…

あっ、死んでる

そっか、隕石に当たったのか…

ほらほら、言わんこっちゃない
君がいらんことを聞くから
本当になっちゃったじゃないか…

apple300.jpg

にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

お久しぶりです。。。

娘が、出産に向けて入院しました
双子ということで
だいぶ早めの観察入院です

休日には
娘のところへ行っています

病院勤めの私は
仕事も休日も病院

そこで、いろんな方をみていると
生きることの不思議と
今あることの奇跡を
考えさせられたりします

ふと。。。
思い付きで。。。

電子書籍に作品を
少しずつ載せることにしました

古い作品ですが
表紙をつけると
馬子にも衣裳。。。(笑)

形にこだわること
そんなことは無駄だと思っていましたが

形に残すこと
それも人生においては
大切なことかもしれないですね

少しだけ心境が変化をしてきています

よろしければ
お暇なときに
遊びに来てください


春ばぁちゃん #puboo http://p.booklog.jp/book/102612


穴 #puboo http://p.booklog.jp/book/102555


天の川の真ん中で #puboo http://p.booklog.jp/book/102518


それにしても。。。
来月には祖母!!!

自分でもにわかには
信じられません

人生っていうのは本当に
何があるかわからない

どんでん返しの繰り返し

今はただ。。。
娘と孫たちが
無事に家族になれるようにと
祈るばかりです。。。

にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

空想の落書き [日々のこと]

この異常な暑さ。。。

なんなんだぁ!!!

ほんの少し、外に出ているだけで
血が沸騰しそうになるし
脳みそは溶けだしてしまいそうな気がする

こんなに暑いと
ついつい悪いことを考えてしまう
考えても仕方のないような
近い未来への不安とか。。。

この猛暑のあとは
スーパー台風でしょ
そして、休む間もなく豪雪が降る
なぁんて可能性が冗談ではなく
だんだん現実味を帯びてきている

今まで経験したことのない
大雨があっけないほど簡単に降り
大気が不安定になれば
雷と。。。竜巻
800年ぶりに
我が家のすぐそばにある箱根
噴火する始末だ

子供のころは
箱根が噴火する山だなんて
思ったことがなかった

大涌谷からは
いつも噴気が吹き上がり
活火山なんだと知ってはいたけど
それは、温泉
一個食べると7年長生きできる
黒たまごを作るためのもので
おかげで私の寿命は
たまごの数だけの寿命で
そろそろ平均寿命の3倍くらいには
なっているはずなのだ

噴火のことがなくても
このところ、いつも
異常気象に続く異常気象

異常、異常って。。。

もはや、異常ということが正常だ

熱波で死んでゆく人々が増加したし
世界では、大洪水のオンパレードだ

このまま温暖化が進めば
きっともっともっと凄いことになるのだろう

テレビでは。。。
地球環境をもとに戻すことが
必要なのだと
だから、CO2の排出を減らせと
コメンテーターたちの意見が飛び交う

地球を。。。元に???

地球の元の姿ってなんだろう
そもそも地球の環境は
ずっと変わり続けている
ものすごく熱い時代
そして、氷河期もあり
放射線だって
もっともっと強い時代があった
それもこれも元の地球の環境なのだ


今がたまたま
今生きている生物にとって
存在できる環境にあるというだけで
これが地球の本来の姿ということでは
決してない

過去。。。
生物の絶滅の危機が
何度もあった
隕石が一つ落ちただけで
生物は絶滅する

地球の温度が上がったり
あるいは下がったり
それだけでも
今を生きる生物は
絶滅するかもしれない

だからと言って
宇宙的規模で変化してゆく
この地球の環境を。。。
たかが人間ごときに
変えられるとは思えない

生き残るには、奇跡が必要だ

地球にも寿命がある
太陽にも寿命がある
だから、人が栄える時代に
永遠などはあり得ないが
とりあえず。。。
今起こり始めている絶滅の序章を乗り越えるために
CO2 の排出を少なくする?

本当にそれで
環境を元に。。。
戻すことなどできるのだろうか

奇跡を起こすというのなら
奇跡が起こるというのなら

生物がこの星で生まれてから何度か使った
あの必殺技を使うしかない

それは。。。全ゲノム重複
今の私たちを私たちの姿にしてくれた
生物の奇跡

それが出来たら
もう少しだけ。。。
人間の寿命は延びるかもしれない

。。。なぁんて

くだらない空想の落書き。。。

s-0241.png

にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

まだまだ。。。です [日々のこと]

世の中には
いろんな人がいるのです
それは、わかっているつもりでいました

最近、凹みがちな私
娘のことや新しい借金
いろんなことで

そして、そんなこんなをつい
電話をかけて
友達に愚痴ってしまいました

「それって。。。
 不幸なことなの?
 大切な存在が
 増えるってことだよね。
 どんなに大変だとしても
 それで借金が増えても
 かけがえのない命が
 二つも増えるってことだよね。
 それを不幸って
 私には思えないよ。」

友達はそう言いました

あっ。。。

その時、私は激しい自己嫌悪に
だって、その友達は
一人娘を亡くしていたのです

しかも。。。
高い高いビルから
飛び降り自殺

何とか助けてあげられなかったのか
そうやって、ずっと自分を責め続け
たぶん、今も生きているのです

あれから。。。その友達が
どんな思いで生きてきたのか
痛いほど知ってるはずの私が
こんな話をするなんて。。。

彼女からしてみれば
私の話は、不幸どころか
幸せ自慢にすら
聞こえたことでしょう

だって。。。

友達は、あんなに大切にしてきた我が子のために
今は。。。手を合わせることしかできないのです
親として、こんなに切ないことはありません
なのに私は。。。
何てことを愚痴っていたのでしょう

私のばか野郎!!!

幸せの形は
人それぞれ違います

改めて。。。
幸せについて考え直しました

そうですね。。。

不幸なことだと思えば
何もかもが不幸であり
ただそれは、同時に幸せにもなりえる

その幸せのためなら
苦労すら楽しい
そんなことだってあるかもしれない

ちょっと、前向きになれた気がしました

もしかしたら、友達は
私にそのことを気付かせるために
わざとそんなことを言ってくれたのかもしれないですね

頑張れるだけ、頑張らなくちゃと思いました

私は人間としても
母親としても
まだまだです

本当に。。。
まだまだです

s-0833.png

にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

青天の霹靂 [日々のこと]

さて。。。
どこから話せばいいものか

私には、娘が一人いる

家は、決して裕福な家庭ではない
だんな様のお店は、いつも自転車操業
生活は苦しかったけれど
それでもいいと思うようにしていた

それは。。。
41歳の時、だんな様が胃癌になってしまったから

幸い、手術が成功して
今も元気にしてくれている
あれから随分経ったけれど
あの日から。。。
ただ、生きていてくれるだけで
他の贅沢は望まないって
心に決めたんだ

でも、娘の夢は
叶えてあげたかった
一人娘で、頼る兄弟もいない
私たち夫婦がいなくなっても
困らない様に。。。
ずっと金策ばかりしてきた私は
その想いが人より少し
強かったのかもしれない

だから、中学生のころ
娘が看護師になりたいと言ったとき
私は嬉しかった
看護師さんは大変な仕事だ
けれど。。。
ずっと医療関係の仕事をしている
私にしてみれば
安定した就職にも困らない
やりがいのある仕事に思えていたから

高校生の時もその夢を持ち続けていた娘は
卒業後。。。
学校推薦をもらって看護学校へ行った
充分な学費も用意してあげられなかったから
奨学金をもらうことにした
近くの病院に卒業後。。。
3年間、看護師として働けば
返済が免除になるタイプの奨学金だった

今年、娘は成人式を迎えた
20歳。。。
そして、学校の方も無事3年生に進級でき
私は、本当に。。。本当に。。。
ほっとしたんだ

結婚後、いつもいつも
お金の苦労ばかりしてきた
でもなんとか
娘だけは無事に育てたって
そんなふうに思って

実習、実習の毎日
娘は大変そうだったけれど
これを乗り越えれば
きっと、光に溢れた未来が
娘の前には広がるはずだった
そう思っていた

ほんの。。。
ほんの2か月前までは

5月の連休が終わってすぐの頃
その娘が。。。
彼氏を連れて家へ帰ってきた

話があるのだという。。。

嫌な予感がした
嫌な予感というのは
残念ながら、いつも大抵
当たってしまう

宝くじはいつまでたっても
当たらないのにね

案の定。。。
子供が出来たのだと言う
産むことに決めたのだと言う
彼氏は痩せ気味の人当たりのいい男の子
22歳。。。
工場で、派遣社員をしているらしい

奨学金は、看護師になれなければ
一括返済をしなくてはならない
返済免除になるはずだったお金も
2人で何とかしてゆくつもりだと言う

何度も何度も
よく考えなさいと諭したが
娘が看護学校で得たものは
看護師資格ではなくて
命は何より優先されるべきだという
考え方だけだった

それもまた。。。真理

確かに大切なことだ
けれど、娘たちに経済力はない
しかも、出産となると
娘はしばらく働けない

大丈夫なの?
と私が言うと
大丈夫です。
とシレっと答える彼氏

そこには、誠実さは感じられるが
現実味はなかった
不安だった

しかたなく。。。
本当にしかたなく。。。
こんな人生もアリなのかもしれない
そう思うことにした
何より、娘が一番望んでいることなのだ

気持ちを切り替えなくては。。。

必死だった
今の状況での最善策を模索した

一年。。。
休学しても、学校を続けられないかと

その夢も、儚く散った
なんと。。。娘は双子をみごもっていたのだ

子供を一人育てるだけでも
大変なのに
奨学金の借金を負って
さらに双子を育ててゆく?

学校はもう、あきらめるほかはないだろう

それより。。。
娘は双子を育てるってことの意味を
本当にわかっているのだろうか?
私には、無謀なことのように思えた

だから。。。だから。。。
言いたくないことをたくさん言った
たくさんたくさん、言ってしまった

いろんな言葉を探して
精一杯、説得しようとした
けれど。。。
娘は揺るがない

私が娘を守ろうとするのと同じくらい
強い気持ちで
娘もその小さな二つの命を
守ろうとしているのだ

勝てるわけない。。。
何よりその命は
私にとっても、大切な孫たちなのだ

いろいろ、クリアしなければならない問題を
まだ、娘たちは抱えている
お金のことはもちろんだけれど
双子というハイリスクの出産を
受け入れてくれる病院は少なく
何件もまわった

それでも。。。娘は
今日、結婚届を出してきたのだ言う

娘の手には今
母子手帳が2冊ある

娘はもう。。。
母なのだ
頼りなくても世間知らずでも
紛れもなく母なのだ

あとは、生まれてくる子供たちが
娘をちゃんとした母に育ててくれるのだろう

私が娘に
育てられてきたように

お祝いを言わなくちゃいけない
おめでとうって言わなくちゃいけない
そう思っているけど

私の子育て
中途半端のまま
終わってしまった気がして

まだ、現実が受け入れられなくて
ため息ばかりついてしまう

夢は、看護師さんだった

でも、おかあさんになる
しかも、いきなり二人の子持ち

だんなさんは契約社員で
時給で働く22歳

何百万もの借金をかかえて
妻と子供二人を食べさせ
生きていく道を選んだ
勇敢な若者だ

本当に大丈夫なのか。。。

不安ばかり。。。不安ばかり

私はやっと、再就職が決まって
今は、国立病院の受付の仕事をしている
こちらも時給で、大して儲からないけれど
私はもう、歳だから
働ける場所があるだけで有難いと思わなくちゃ

何にしても
2015年は、私にとっては
分岐点なんだろうね

心に力が入らない

だって、ほんの二ヶ月前までは
私の前には、まったく別の未来があって
そこで私はのほほんと
暮らしているんだと思ってたんだ

何が起こるかわからない
人生は。。。
どんでんがえしの連続だ

もう、私には変えられない未来を
今はただ。。。
受け入れていくしかない

娘は、母の顔をして
2冊の母子手帳を見ながら
微笑んでいた

母は強し。。。ということか
それとも。。。
MB900442116.JPG
にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

幸せ [詩]

君のことを思うと
いつも幸せがこぼれ出した
元気がどんどん湧いてきて
だから、頑張ろうって
思い続けてこれたんだ

でも今、君のことを思うと
涙がこぼれ出す
ため息ばかりついているから
この家が。。。
暗くてつらい

かつては、笑い声で溢れていた
ここが私の楽園だった

ついこの間までの話
そう。。。ほんの少し前までは

君は遠くに行ってしまった
もう、手が届かなくて
抱きしめることも出来ない

それがせつなくて仕方がない

君の求める未来が
君の出した答えが

今、私を苦しめている
それは事実

けれど、それが間違っているとは限らない

それもまた、真実であることを
私は知っている

君の気持ちが
わからないわけじゃないんだ

でもね。。。
心配なんだよ

そっか。。。
君はその道を行くんだね

それを止められたら
どんなにいいだろう
そんなことも思ってしまうけど

どうやら今度は無理そうだ
君の意志は固い

これは君の航海
ただ、見送るしかないのかな
ただ、見守るしかないのかな

頑張って
頑張って
頑張って

そしでも、もし、、、
生き暮れてしまったら
いつでもここへ戻っておいで

どんな時でも
私は君を待っているから
両手を広げて待っているから
あたたかい飲み物と
甘いお菓子でも用意して。。。

私がいなくちゃ生きられなかった
ちっちゃなちっちゃな命が
今、私の手を離れて
手の届かない場所へ行きました

夢半ば。。。なのに
何もかもを投げ出して
色んな人に迷惑をかけて
色んな人をがっかりさせて

でも、君にとってその場所は
決して譲れない場所で

そしてそれを君は
たぶん、幸せと呼ぶんだね

幸せだと。。。思うんだよね

バイバイ。。。バイバイ。。。

赤ちゃん。。。.gif

にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

風に吹かれて [詩]

たった一つ狂っただけで
こんなにあっけなく
崩れてしまいそうになる

必死に保とうとするけれど
きしんで
きしんで
心が音を立てる
醜い音だ
聞くに堪えない

誰か助けて。。。
と叫ぶけれど
救済はない

唯一、目の前にたれた
頼みの綱は
何とも頼りない
蜘蛛の糸

力を込めただけで
プチン。。。なんて

八方ふさがり
四面楚歌

今の状況を語る
言葉だけは知っている

そんな時でも心は
あがき
もだえ
苦しむのだ

こんなはずではなかった
このままでは終われないと

そう思えば思うほど
身動きが取れなくなって
苦しさが増す

窓の外には
風が吹いている

支えきれなくなった心に
風が歌う

こちらにくれば
楽になれるのに。。。

風の誘いのまま
流されてしまえば
そこには自由があるかもしれない

でも、私は知っている
そこには
私の大切なものが
ないってこと

守るものが何もなければ
人は自由だ

けれど。。。

守っているからこそ
人は人でいられる

人を辞める
そんな勇気もなく

人であり続ける
そんな強さもなく

ただただ風に吹かれて
きしむ心を
もてあましている
MB900438327.JPG
にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

激震 [日々のこと]

箱根が揺れる。。。
今日は、こちらのほうまで揺れを感じた
ちょっと心配

それと。。。
もうひとつ。。。

心の中で激震

かつてないほどの激震

いつか笑える日がくるのか。。。
そのいつかがくるまで
私は壊れたりしないのだろうか

自信がない

私には、間違っているように思える
嫌だ。。。嫌だ。。。嫌だ。。。

心の中で繰り返される叫び声に
耳を塞ぎたい

だってそれは
決して報われることのない
叫び声だから

なんで。。。
どうして。。。

どこで間違ったのか

世の中。。。
馬鹿ばかりだ
私も含めて

人生には、思いもよらぬことが起きるものだ
どこで間違ったのか、どうしたらよかったのか
そして、これからどうすべきなのか。。。
考えても考えても答えが見つからない
堂々巡りの思考回路の中で途方に暮れている
本当にそれでいいの?
私に何が出来るのだろう
嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ嫌だ 嫌だ

s-0841.png

にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

面接 [日々のこと]

先週、パートの面接に行ってきました。

「ご自分の長所は、どんなところだと思いますか?」

と聞かれたので

「人当たりは、良いほうだと思います。」

と答えました。

面接なんて、とても久しぶりなので
頭の中で、いろんなことが絡まってしまっていて
こんなマニュアルにのってるような質問でも
答えるのがやっと(笑)
そして次に質問されたのは。。。
予想通り!!!

「それでは、短所はどんなところだと思いますか?」

そうですよね、長所を聞かれたら、短所も聞かれる。。。
だろうと思っていました。
長所は、なかなか思いつきませんが
短所は、沢山持っています。エッヘン
その沢山の中から、一つ選んで
私は答えました。

「はい、自分に自信が持てないところだと思っています。」

実は私、何をやるにも自信が持てない。。。
本当にこれで、あってるんだろうか???
間違ってるんじゃないのだろうか???
など、クヨクヨウジウジ。。。ずっと悩んだりすることもしばしば
これは、短所だと思ってます。
もっと自分を信じることも大切なんじゃないかな。。。
わかっていても、性格なのでしょうか。
なかなか治りません。。。

私がこう答えた時。。。
面接官の人は、間髪を入れずに、あっさり言い放ちました。

「そうは見えません!!!」

きっぱり!!!ですね。
そんなふうに見えるのですね。

(ノ_-;)ハア…

私、そんなに偉そうだったのだろうか???
初対面の人にわかるほど、自信満々な態度だったの???

そして、こう言われてしまったとき
どう反応すればいいんだろう???

当然のごとく。。。私は次の言葉を失いました。

。・゚・(*/□\*)・゚・。ウワァーン

私の就活物語は
どうやらまだまだ続きそうです。。。

ガンバレ 私
くまと流れ星.jpg

にほんブログ村 ポエムブログ 心の詩へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

就活 [日々のこと]

実は今。。。
就職活動真っ最中!!!
先月、思いもよらないことが起こり
職を失った

なんで、こんなことになったのか。。。
。・゚・(*/□\*)・゚・。ウワァーン

まぁ、悔やんでみても仕方ない
前を見て進むのみ!!!

とはいえ、50歳を過ぎての就活
なかなか難しい
30年間、歯科医院で働き続けてきた
何軒かの歯医者で。。。ずっと。。。
今更、他の業種で働くのは。。。
年齢的にちょっと大変そうだ
けれど、やるしかない

全部、自分でまいた種
自分で刈り取らなきゃね

これからは、あまり無理のない仕事量で
仕事をしたいと思っている

今までは、とにかく休めなかった
受付が出来る人が私一人
なので。。。私が休むと
誰もカルテを作れない
それは、診療が出来ないということだ

今年に入って
肉離れをおこして
足が曲がらなくなった。。。

でも、足を引きづりながら、出勤
叔母が亡くなった時も
お葬式には出られなかった

母が、胸椎の骨折で
救急車で運ばれた時も
一応、病院まで行ったが。。。
すぐに職場に戻ることになってしまった

ここで。。。私の立場を一言

私は、歯科医院の受付をやってる
パートのおばさん!!!
であった

ただのパートなのに
待遇はパートなのに
有給も保険もないのに
週4日。。。きっちり8時間
しかも、休めない

休めないにもほどがある
今回、退職したのをきっかけにして
もう少し、仕事を減らして
せめて、だんな様と休みが合うようにしたい

それで、暮らしていけるかどうかは
微妙だけど。。。

とりあえずは、雇ってもらえるところを
探さなきゃ。。。

今日は、生まれて初めて
職務経歴書」というものを作成した

なんか。。。私の人生って
紙切れ一枚に収まるんだなぁ。。。と実感

明日は、履歴書を買って来ようっと。。。
MB900228310.JPG

にほんブログ村 小説ブログ 掌編小説へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。